手芸の部屋 TOP → 手芸の基礎 手芸とは

手芸とは

手芸は個人で楽しむ裁縫や刺繍などのことを指します。日本では花嫁修業の一環として和裁が勧められていた時代もあり、手芸は一般的にも広く浸透しているものです。和服の修繕などは自宅でも行いますが、衣装をプロの和裁士が作れば、それは工芸品として扱われます。つまり手芸品というのはプロが作るもののことは指さず、あくまでも一般家庭における趣味の創作となるでしょう。

また稀な例ではありますが、趣味で始まった制作物が、あとで高価に取引される場合もあります。とはいえ、最初からそれを狙って手芸を始めるという方は少なく、そうなる方にとっても思いがけないことになるでしょう。むしろ高価に取引されることを狙ってやる方は、よほどセンスが無い限り、上手くいかないものです。雑念・邪念とまでは申しませんが、こと芸術においては作品へと影響が出ることが多いようです。

手芸はあくまで趣味として、お金儲けのために行う方は少ないですし、またそこまで効率的とはいえません。手芸を行うのであれば、趣味の範囲に留めておくのが良いでしょう。高値で取引されることを狙うのは、精神的にもあまり良いとはいえません。あくまでも個人や友人間で行うものとして、趣味や暇つぶしなどを主点に楽しむのが一番です。

手芸とは一般的にも日本女性に幅広く浸透しており、知っている方、やっている方というのも多い趣味です。やり始めると楽しくて、ついつい時間を傾けてしまう方も多いでしょう。

手芸の基礎


金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

ワンタキソテール 添付文書
ワンタキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!