手芸の部屋 TOP → 手芸の基礎 刺し子の種類

刺し子の種類

有名な刺し子には、津軽のこぎん刺しや、南部地方に伝わる菱刺しや、庄内地方にある庄内刺し子などがあり、日本三大刺し子ともいわれています。さらにこれらは民芸文化財としても認められており、非常に高い文化性を持っていると言えるでしょう。刺し子は全国に広く浸透していますし、やり方や詳しいことまでは知らないにしても、単語を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

津軽のこぎん刺しのこぎんというのは、そもそも野良着のことを指し、この野良着を「こぎん」と呼んでいたことから名前がつけられたということです。特徴としては、縦の折り目に奇数を目処に刺すことが挙げられるでしょう。これに対して、縦の折り目に偶数の目で針を刺す場合、先述した南部地方に伝わる菱刺しという技法になります。

庄内刺し子というのは出来上がりの見た目を重視した技法であり、単純に縫い合わせるだけではなく、例えば破損した箇所などが目立たないよう丁寧に縫い合わせるのが特徴です。基本的には一般家庭などで広く普及していた刺し子ですが、服をおしゃれにしたいという気持ちは一般家庭であろうと変わらず、その意識の下に生まれたのではないかと推測されています。

青森県西部の津軽地方、青森県南部、山形県の庄内地方と、刺し子の種類は東北から発祥しているものばかりです。しかし現代においては東北地方だけでなく、これらの多数ある刺し子の種類が、各地に幅広く浸透しています。

手芸の基礎


アピドラ注ソロスター
アピドラ注ソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

事務服 スカート
事務服のスカートなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!