手芸の部屋 TOP → 手芸の基礎 刺し子

刺し子

刺し子も刺繍の一種で、幾何学模様などを縫い込むことを言います。そもそもの始まりは保温や補強のために、木綿などの布に木綿糸で補強したものと言われていますが、現在ではとてもカラフルなものになっており、手芸品として見た目を彩ることが普通となっています。感性にもよりますが、見た目は非常に華やかになることが多く、人によって色合いの選別は変わってきます。

基本的には藍色の木綿布を使い、刺し込む糸は白糸を用いるのが定番と言われていますが、現代においてその定番はそこまで重要視されていません。むしろ各個人の感性に沿って、布も糸も様々な色を組み合わせて行われるようになっています。そのため作る人によっては派手な色合いを好む方もいらっしゃいますし、質素な色合いに味があるとする方もいらっしゃいます。

刺し子も昔は補強の意味合いが強かったとはいえ、全てが補強だけのためというわけではなく、見た目を整えるのにも役立てていたようです。補強のためだけなら縫い合わせるだけで良いものを、庄内刺し子などといった技法の変化があることも考えれば、美意識の感覚は今も昔もそれほど変わらなかったのかもしれません。ただ現在では、美意識を重視する傾向にあるのは確かなようです。

刺し子は学術的価値・芸術的価値の高いものとされており、研究家の収集したものが重要有形民俗文化財として指定されているほどです。現在ではカラフルなものが一般的とされていますが、昔の物も趣き深いとされているようです。

手芸の基礎


不活化ポリオ 副反応
不活化ポリオの副反応なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

ホイールアライメントが調整
について