手芸の部屋 TOP → 手芸の基礎 工芸品と手芸の違い

工芸品と手芸の違い

以前では、手芸は裁縫を中心とした創作活動でしたが、現在では設備などが一般に揃えやすいため、様々な形で創作が行えるようになりました。たとえば彫金や彫刻などに関して、昔は手芸として扱われず別の分野の工芸品とされていましたが、現在ではそれらの創作活動も素人が手を出すことができるようになってきたため、手芸として認識されるようになってきました。

現在ではプロの作る創作物が工芸品、一般人の方が趣味として行う創作物が手芸品、という見方が強くなっています。分類としては基本的にこれで構わないでしょうが、しかしその実、内容にそこまでの差はないこともあります。もちろん、プロの作る工芸品はそれなりの水準を超えているのが当然ですし、一般人の方と比べても出来映えは良いのでしょうが、作っている物の種類という意味では同じです。

現在では一般人の作る手芸品といっても、時間や情熱の傾けようによっては、プロの作る工芸品に匹敵するほどの作品を作る方もいます。そういった手芸品が評価されて高値で取引される場合もあるほどで、作っている方からすれば思いがけないことでしょう。しかしそういったケースは本当に稀で、類稀なるセンスや偶然の産物と言えますので、そういった野望を持って手芸に意欲を投ずるというのは、あまりオススメできません。

現代では工芸品と手芸品の違いは、プロがやっているか、それとも一般人がやっているのかで分けられやすくなっており、作る物の種類で分類されることは少ないようです。

手芸の基礎


金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

カーテン インテリアhttp://www.monreve-japan.jp/

ドセタキセル 副作用
ドセタキセルの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

シェードカーテンhttp://www.monreve-japan.jp/style