手芸の部屋 TOP → 手芸の基礎 洋裁

洋裁

洋裁は洋服を作るために使う技術で、針と糸を使って縫ったり、洋服のデザインから型を作り、型紙を使ったりして、布を裁断したりするところからの仕上げるときに使う技術までの全てを含んでいます。男性用の仕立屋さんはテーラーと言われていて、女性用はドレスメーカーと呼ばれています。洋裁に関しては、現代においてむしろ一般的な部類に入るでしょう。

洋服を作る洋裁は、趣味の手芸として一般で行う方は少ないほうです。基本的には先述したようなプロの仕立屋さんで見ることが大半でしょう。もちろん、一般の方で洋裁を趣味としている方が、全くのゼロというわけではありません。むしろ難しいからこそ行う意欲が湧くという方もいらっしゃいますし、また凝り性の方にしてみれば、自分で作った洋服を着るのが楽しみということもあるようです。

洋裁に関して、洋服を一から作るだけでなく、独自のアレンジを施すのも人気となっています。たとえば市販の洋服などが破れてしまい、アップリケなどをつけることもあるでしょう。そういったアレンジを行うことも、また洋服の破損を自分で直すことも、裁縫の経験が活きてくるものです。作るだけでなく、直す・アレンジするなど、洋裁は現代において応用が利きます。

洋服を一から作り上げるとは言わないまでも、直したりアレンジしたり出来るのは、やはり便利なものです。人によっては洋裁に凝って、色々なアレンジをしてみたくなってしまうかもしれませんね。

手芸の基礎


ワンタキソテール 副作用
ワンタキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!