手芸の部屋 TOP → 手芸の基礎 和裁

和裁

主に和服、特に着物などを作るために使う技術で、針と糸を使って縫ったりします。昔の日本では裁縫といえば、和裁のことを指す言葉でした。しかし現在は洋裁と区別するために和裁という言葉ができています。そして裁縫といえば、現在では和裁も洋裁も含む一般用語になっており、両方を総称する単語として使われています。和裁か洋裁かを区別したい場合においてのみ、和裁・洋裁のどちらかで呼ばれるでしょう。

和裁は先述したとおり、和服や着物を作る技術のことをいいます。そのため、あまり一般家庭における手芸の趣味として行う方というのは、現代では少ないでしょう。ほとんどがプロの方であるはずです。手芸が花嫁修業の一環であった昔であれば、もしかすると和裁も一般的に広く浸透していたのかもしれませんが、現代では洋裁のほうが浸透率も高いのではと思えます。

一から着物を作ることが出来ずとも、例えば綻びや破損を直すくらいの心得がある方もいらっしゃいます。便利といえば便利で、プロのところへ持っていく必要もありませんし、何より安価で済むでしょう。和裁の心得があるのは、助かるかもしれません。

和服・着物を一から作るのは、何しろ反物などが高いですし、一般家庭の趣味としてはなかなか難しいかもしれません。しかし和服・着物は日本文化として重要かつ重宝されているもの、和裁の心得があると、いざというときに何かの役に立つこともあるでしょう。少しの心得は、持っておいて損はありません。

手芸の基礎


金持ち父さんや貧乏父さんの秘訣http://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

リキスミア 副作用
リキスミアの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

白衣 ケーシー
白衣のケーシーなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

http://noj-kawanishi.com/