手芸の部屋 TOP → 手芸の基礎 刺繍とは

刺繍とは

刺繍というのは、布に決まったパターンや絵、文字などの柄を縫い込んで表現する装飾する作品のことをいいます。様々なステッチなどがあり、デザイン図案にそって刺繍することができます。そのため、簡単なものは子供でも始めることができるため、老若男女に幅広く好まれています。 難しい凝ったものなどは、刺繍にハマると作りたくなってしまう方も多いようです。

刺繍は布だけでなく、様々な素材を組み合わせて装飾することが出来るため、見た目を華美に彩ることも出来ます。良く用いられる素材としては、ビーズなどといった安価のものから、真珠や金属片といった高価なもの、スパンコールなどといった煌びやかなものまで挙げられるでしょう。子供さんが刺繍を始める分には、比較的安価で収められるビーズを使うことが多いようです。

刺繍はデザイン図案に沿って、その通りに作っても良いですし、自身の感性に従ってオリジナルの刺繍をしてみるのも良いでしょう。手芸品というのは応用が利くもので、自分なりの楽しみ方というのが出来る分、趣味としての人気が高いのです。特に刺繍に関しては、素材を色々と組み合わせることも出来るため、オリジナル刺繍に取り掛かりやすいでしょう。

刺繍というのは、手芸の中でも一般的でありながら、臨機応変に楽しむことの出来る楽しいものです。簡単なものから始め、難しいもの・オリジナルの刺繍を作っているうちに、どんどんのめり込んでいく方もいらっしゃるほどです。

手芸の基礎


ナースシューズ
ナースシューズならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

ティアモ セール
ティアモのセールならこちらで!