手芸の部屋 TOP → 彫金やビーズ 彫金とは

彫金とは

彫金とは呼んで字の如く、金属を彫ることを意味します。プラチナ・金・銀・胴・真鍮・鉄・錫・アルミなどの様々な金属を主な材料として、装飾品などを制作する技術のことです。一般的なアクセサリーなどだけでなく、仏具や家具の飾りなども、彫金によって作られることがあるでしょう。つまり金属類の装飾を作る際に、彫金が行われるということです。

彫金を行う際は鏨(たがね)という、金属を切断したり彫ったり、また削ったりするための工具を用います。同時にヤスリも使いますし、これによって金属を自分の意図したようなデザインに仕上げ、アクセサリーの形状に製作するのです。説明するほど簡単に作れるものではありませんが、練習次第では誰にでも作れるようになりますし、簡単なものなら練習としても良いかもしれません。

しかし金属というのは当然ながら硬い物です。力を入れすぎて手を滑らせ、誤って自身を傷つけてしまうこともあるでしょう。そのため安全性の面から見ても、裁縫や刺繍などのように一般的なものとは言えないかもしれません。しかし怪我に気をつけ、慣れてくれば彫金によってアクセサリーを作ることが出来るようになるでしょう。シルバーアクセサリーなどは男性にも人気で、彫金は若い方に好まれやすいです。

自分自身でアクセサリーを作ることが出来るというのは、オシャレに気を遣う方にしてみれば憧れではないでしょうか。なかなか難しいですが、練習次第では技法を身に付けることも可能です。

彫金やビーズ


ポスター印刷
ポスター印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

ティアモ
ティアモのカラコンが、セールでビックリ490円でカラコンが買える!