手芸の部屋 TOP → 彫金やビーズ 七宝焼歴史

七宝焼歴史

七宝焼は、シルクロードを通り中近東より、中国を通って日本に伝わった技法です。日本では伝統的に七宝焼の宝飾が古墳より出土したりしています。ブローチやペンダントなど小さなアクセサリーから、比較的ですが大きな壺などまで、色々な作品が作られています。壷などに関してはどのような画を施すかによって価値が変わってきますし、大きさとの兼ね合いも重要になってくるでしょう。

日本においての七宝焼きは、愛知県あま市という七宝焼アートヴィレッジが有名です。愛知県あま市は旧名が「海部郡七宝町」という名前であり、この七宝町で七宝焼きの工芸が盛んであったことから、七宝という名が冠されたとされています。七宝町における七宝焼きは江戸時代の末期頃から盛んに行われており、工芸品として現代にまで伝えられているほど息の長いものです。

七宝焼きは工芸品としての見方が強かったものの、現代においては家庭用の電気炉・電子レンジを使って作ることも出来るため、一般家庭における趣味、すなわち手芸としても楽しめるようになっています。これはマイクロウェーブキルン電磁波を用いた焼温効果を用いて行うため、七宝焼き用の大きな窯などが必要なくなります。ただし電子レンジなどはやはり小さいので、壺などを作るのには適しておらず、もっぱら小型のアクセサリーなどを作ることになるでしょう。

日本における七宝焼きの歴史は江戸末期から続いており、現代においても手芸として一般に行う方がいらっしゃいます。

彫金やビーズ


アレグラ 効能
アレグラの効能なら医療関係者向けの製品情報サイトで!