手芸の部屋 TOP → 彫金やビーズ 銀粘土

銀粘土

銀粘土というのは、極微細な大きさ(ナノサイズ)まで微粒子になった銀と水の結合材で、粘土状の素材になります。銀の通常の融点よりかなり低い温度で焼くことができるため、通常の銀を使うよりも手軽に銀のアクセサリーを作ることが出来ます。この銀粘土を使うと簡単に銀製アクセサリーを作ることができるため、銀製のアクセサリーがお好きな方であれば、趣味としてしまう方さえいらっしゃるほどです。

シルバーアクセサリーというのは若者から高い支持を得ているもので、シルバーアクセサリーを好む方は銀粘土を用いて自分でアクセサリーを作ってしまう方もいらっしゃるほどです。もちろんプロの製作者と比べられるものではないでしょうが、この趣味が高じて街角で露店を出して販売する方も見受けられるほどです。人によっては自分のブランドを持ちたい、という夢も持っているようです。

シルバーアクセサリーのみならず、たとえば銀の色調が好きな方であれば、色々なものを銀粘土で作って揃えることもあります。たとえば将棋の駒など、銀粘土に文字の型を押し付けて、銀製の駒を作る方もいらっしゃいます。チェスなども片方の色は銀製にする方もいらっしゃるほどで、その熱意はとどまることを知りません。銀色というのは、なかなかに人を惹き付ける魅力を持っているようです。

使用済みの写真フィルムに含まれる銀を抽出して作ることも出来る銀粘土は、エコという面においても優れていますし、また人気も高いです。

彫金やビーズ


社章の作成
で探すなら

リーガ エスパニョーラ 動画
リーガ エスパニョーラの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン