手芸の部屋 TOP → 編み物などのニット系 編み物とは

編み物とは

編み物とは糸や毛糸から立体のものを作る方法の一つです。毛糸を使ったり、編み上がったパーツを縫い合わせたりして、衣服を作る事を表現する事が多いです。織物は縦糸と横糸を使って布を作っていますが、編み物は織物とは違い、一本の糸から作っています。編み方としては、手を使った「手編み」、機械を使った「機械編み」というものがあり、手芸として行われる分、手編みを選ぶ方も多いでしょう。

編み物にも技法は様々あり、用途や作りたい物によって選ぶ技法も変わってくるでしょう。たとえばセーターやマフラーなどを編みたい場合は「棒針編み」という方法を、あみぐるみやバッグなどを作りたい場合は「かぎ針編み」という技法を使うようになるはずです。これに関しては、例えばかぎ針編みでマフラーを作ることなども出来ますが、マフラー作りは現代において棒針編みのほうが人気です。

編み物は女性に良く好まれ、また手作り品を誰かにプレゼントしたいという場合に行われるでしょう。手先が器用でないからという理由で二の足を踏む方も多いようですが、それはあまり気にしなくても良いでしょう。気持ちのこもったプレゼントというのは、貰って嬉しくないことは無いはずです。また、こういったきっかけで手芸・編み物にのめり込む方も、意外と多いものなのです。

様々な場面で見受けられる編み物の光景。プレゼントであれ趣味であれ、動機は何にせよ、一度はたしなみとしてやってみたいという方も多いでしょう。

編み物などのニット系


看護師 白衣
看護師の白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

セリエa 動画
セリエaの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン