手芸の部屋 TOP → 編み物などのニット系 棒針編み

棒針編み

棒針(ぼうばり)という色々な太さの棒に糸を巻き付けて、編み目を作って布を作ることができます。棒針編みは、広くて平たい面を作るのには向いている編み方になります。例えばセーターやマフラーなどを作る際に、よく使われる編み方となるでしょう。そのため、手編みのセーターやマフラーを誰かにプレゼントするきっかけになる、例えばクリスマスの時期などには、棒針編みで編み物をする光景が良く見られるようになります。

棒針編みに関しては、まず右棒の裏側へと糸をかけて表方向に通過させる「表編み」と、表側から糸をかけて裏側に通す「裏編み」という、この二種類の編み方が基本となるでしょう。横方向に連なる編み目のことは「目」と呼んで数え、縦方向に関しては「一段」「二段」という風に「段」で数えます。また模様を表現する際は、この「目」を寄せるようにして編む・飛ばして編むなど、工夫することで出来ます。

例えば刺繍などであればデザイン図案に沿って作成を進めていくでしょうが、編み物に関しては図案(編み図)の通りにやろうとしても、完全に再現とまではいかないことも多いです。これにはどのような毛糸を使用しているのか、また編み物を行う方の、糸の引きの強弱なども関わってきます。そのため人によっては、思っていたよりもサイズが大きくなったり小さくなったりすることもあります。

編み物はなかなか難しいものですが、その分だけ気持ちがこもり、喜ばれることは多いです。

編み物などのニット系


富士宮市の解体工事
http://www.ec-center.co.jp/

アンカロン注
アンカロン注なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

代筆
代筆なら書道サービスで!