手芸の部屋 TOP → 編み物などのニット系 かぎ針編み

かぎ針編み

かぎ針編みというのは呼んで字の如く、かぎ針を使って編む編み物です。昔の日本ではむしろかぎ針が種類でしたが、現在は棒針によるマフラーなどのほうが人気も高く、それと共に有名になっていきました。現在は他にもあみぐるみなどがあり、これはかぎ針で行うのでも人気があります。セーター・マフラーなどは棒針編みのほうが一歩先を行っている感があるものの、かぎ針編みもそれなりの地位を保っています。

かぎ針編みは現代でこそ棒針編みより人気が劣るものの、昭和四十年代の頃は棒針編み以上の人気を誇っていました。セーター・マフラーを作りやすい棒針編みが、クリスマスの時期などで人気が出る分だけ廃れていってしまったようですが、それでもセーター・マフラーなど以外を作る際には、かぎ針編みのほうが選ばれやすいのも事実です。

セーターやマフラーなど、どちらかといえば大きなものを作るのに対し、かぎ針編みは先述したようなあみぐるみや、他にもバッグ・帽子などといった小物類を作るときに用いられやすい技法です。またその中でも太さに違いがあり、最も細いかぎ針で2mm、太いかぎ針で10mmにもなります(棒針にも太さによる種類があります)。この辺りの使用感は人によって異なってくるもので、太いものが使いやすい、逆に細いものが使いやすいという方もいらっしゃるでしょう。

かぎ針編みは基本的に、小物を作る際に用いられやすい技法です。セーター・マフラーなどは棒針編み、あみぐるみなどはかぎ針編みというように使い分けましょう。

編み物などのニット系


エアコンクリーニング 岐阜
エアコンクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プレミアリーグ 動画
プレミアリーグの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン