手芸の部屋 TOP → いろいろなレース 一般的なレースとは

一般的なレースとは

通常のレースというのは、すかし模様のように布のようなかたちで、ニードルレースやボビンレースのことを指します。ヨーロッパの貴族の間で流行し、海外の伝統工芸となっています。中世のヨーロッパでは「糸の宝石」と呼ばれていたほどで、手芸の中でも高い格式を保っていたようです。現代に至るまで人気が続いているレースですので、評価もそれ相応に高いものでしょう。

一般的に知名度の高いレースという意味では、クロッシェレースが例として挙げられるでしょう。日本でもレース編みといえば、クロッシェレースのことだとして理解されるのが普通です。このクロッシェレースに関しては、当サイトの「クロッシェレース」の項目にて詳しく説明させて頂いておりますので、是非とも合わせてご覧ください。

レースは編み方や使う道具によっても、特徴などが変わってきます。かぎ針で編むかぎ針編みレース・棒針で編む棒針編みレース・刺繍レースなど、様々なレース技術が存在します。中にはシャトルという糸巻きを用いたタティングレースというものもあり、これもレースの種類として分類されます。

一般的なレースと一言で言っても、その内容や種類は様々なものがあります。例えばかぎ針を使うか、棒針を使うかだけでも変わってきますので、その内実は多種多様で、非常に奥深いと言えるでしょう。なかなかに難しいレース編みではありますが、やってみるとその奥深さの虜になってしまう方も多いようです。

いろいろなレース


抗血小板剤
抗血小板剤なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

レーシック
レーシックなら吉野眼科にお任せください!