手芸の部屋 TOP → いろいろなレース ボビンレース

ボビンレース

ボビンレースとは、レース織りの一種で、日本ではレース編みとよく呼ばれています。ボビンレースは、糸をボビンという小さくて丸い糸巻きにまいて織り台の上にピンで固定して始点として、ボビンを左右に交差させて、ピンで固定させながら、平織り、綾織りや重ね綾織りなどで、様々な模様を作るものです。見た目にも華やかであるのは、レースの特徴と言えるでしょう。

ボビンレースはニードルレースと共に、中世のヨーロッパにおいて「糸の宝石」と呼ばれるほど多くの貴族達から重宝されていたもので、手芸の中でもかなり高い格式を保っていたようです。ボビンレースによるレースが好きな方は、様々なレースを進んで収集しようとするくらいです。

第二次世界大戦(1945年)以降、こういったボビンレースやニードルレースなどの手作りレースというのは、大きく衰退してしまいました。しかし完全に消え去ったというほどでもなく、先述したようにボビンレースが好きな方は求めることもありますし、レース製作所では観光客のために作成しているところもあります。趣味で行うという人はかなり少なくなっていますが、それでも完全にゼロというわけではありません。

ボビンレースは現代においてあまり見られなくなっていますが、中世ヨーロッパにおいては確かな人気を誇っていた、格式の高いものでした。現代においてもボビンレースが好きという方もいらっしゃいますし、完全に絶えるということは、まず無いでしょう。

いろいろなレース


ケーシー 白衣
ケーシーの白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

持効型インスリン
持効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

イチオシ商品 (株)TRINC 電池駆動式静電気除去器(イオナイザー)
http://www.ssw-shimadzu.co.jp/news/2013/20131129a.html