手芸の部屋 TOP → いろいろなレース タティングレース

タティングレース

タティングレースとは、舟の形をしたシャトルと呼ばれる糸巻きを使う、レースの技法の一つです。タティングレースという呼び名の他に、タッチングレース・シャトルレースなどといった呼び名も存在します。タティングレースは、先述したシャトルを使って結び目をつくっていく技法となります。現代においても、この技法でレースを作る方はいらっしゃいます。

タティングの歴史は非常に長く、最も初めに見られたのは古代エジプトであったようです。とはいえ、さすがにその時代では実用的な用途のみでのものだったようで、装飾用としては薄っすらと原型が見え隠れするという程度だったでしょう。実際にタティングレースが広まり始めたのは、十六世紀におけるイギリスからだったようです。そこから、現代にまで残るタティングレースの基礎的な技法が組み上げられていったようです。

現代において、タティングレースは完全に装飾用として扱われています。様々な糸を使って彩りを鮮やかにしたり、例えばビーズを組み込んだりするなど、一つ一つに工夫が見受けられます。十九世紀ごろには、貴族が教養として一般的に学んでいたこともあったようです。タティングレースは覚えてさえしまえば、作っている手元は見なくても作成が可能になることもあって、現代でも暇つぶしに習う方はいらっしゃるようです。

現代においても、タティングレースは一定以上の人気を誇っています。ビーズなどと組み合わせた作品は、工夫が面白いでしょう。

いろいろなレース


抗血小板薬 一覧
抗血小板薬の一覧なら医療関係者向けの製品情報サイトで!