手芸の部屋 TOP → 染め物系 藍染め

藍染め

日本において伝統的な藍染めは、藍という染料を使用して染めた染め物になります。色がなかなか褪せにくく、江戸時代には多くの藍染めが行われていました。現在では徳島県での藍染めが有名で、日本特有の色調を重視した藍染めは人気が衰えることを知りません。日本ではもちろん、日本の和の雰囲気が好きだという外国の方々にも、強い人気を誇っているのが藍染めです。

染物として日本で主流となっている藍染めは、先述したように江戸時代から盛んであったものです。しかし歴史的には江戸時代より以前から見受けられたもので、万葉集にも「藍摺りの衣」などが出てきますし、その完全な発祥については諸説あります。ただ、古代においては緑色も青色として呼称されていたこともあり、山藍染めであった場合には現代の藍染めとはまた違ってくるのではないか、と囁かれています。

藍染めの濃厚な青色は、日本でも最たる風流として見られています。藍染めによって織物などを作る際、藍色を引き立たせるためという意味合いでも、水色など薄い青色を並行して使うことが多いです。全体的に青を重視した色調は「ジャパンブルー」と呼ばれており、例えばワールドカップの日本代表が「サムライブルー」と言われていたように、青は日本のカラーとさえ言えるくらいの格式があります。

日本の誇る藍染めは、日本のみならず海外でも非常に人気が高く、藍染めの作品は絶えぬ伝統として現代でも大いに息づいています。

染め物系